移転祝いの胡蝶蘭の贈り方について

胡蝶蘭は、お祝い事などに贈る際には最適です。華やかですし、長期間咲いている胡蝶蘭は、贈りものとしても最適ですし、かなり喜ばれます。移転祝いとして胡蝶蘭を贈るケースなど、いくつかご紹介するので、参考にしてください。

・なぜ胡蝶蘭が移転祝いに最適なのか
取引先やお客様・知り合いの方が移転する場合、まず理由を調べておきましょう。もしかしたら、事業悪化などにより事業縮小によって事務所移転するケースも多いです。なので移転理由については事前に調べておき、事業悪化に伴う場合にはお祝いを贈るべきではありません。
新たな場所に幸福が飛んでくるというメッセージが込められ、移転により事務所が新しくなり門出にもなる移転祝いです。花持ちの良さも胡蝶蘭は優れていますし、長期間に渡ってお花を飾っておけるので、移転先でも華がる室内になるため、移転祝いギフトとして胡蝶蘭を選ぶことは最適になります。

・移転祝いの胡蝶蘭の贈り方
胡蝶蘭の種類やサイズはかなり数多くあるため、ビジネスギフトに向いている胡蝶蘭の種類を把握しておきましょう。大きい順に胡蝶蘭大輪、胡蝶蘭中大輪、ミディ胡蝶蘭があり、花茎の本数の違いによって同じ種類でもだいぶ変化があります。種類・立ち数・輪数によりサイズや価格にだいぶ差が出るので、その点はしっかり把握した上で胡蝶蘭を選ぶべきです。移転先の大きさや規模によっては、胡蝶蘭を贈る場合、サイズなども考慮して、かなり慎重になる必要があります。贈る際には、お花屋さんへ相談するのも良いでしょう。直接お祝いのメッセージを添えるのも素敵です。

・移転祝いの胡蝶蘭の相場
まzy、移転祝いとして胡蝶蘭を贈る場合、相場価格はいくらがベストか気になる部分でしょう。胡蝶蘭大輪白3本立ちで40輪~45輪前後が最適になります。花が40輪~45輪もついた胡蝶蘭は最高級クラスになるので、20000円~30000円くらいになり、移転祝いには最適な価格になります。高さが90cm前後と大きいので、移転先が広い場合には最適な贈りものになります。
サイズは胡蝶蘭大輪よりもひとまわり程小さく、高さは65cm前後です。こちらは価格10000円ほどであるので、室内に置いて華がある雰囲気になります。
胡蝶蘭の相場価格においては、30000円〜10000円と幅広いので、移転祝い先の規模や広さなどによって、その辺は考慮して贈るようにしましょう。高いものを贈ったとしても、置くスペースがないと受け取る側も困るので、その辺を考慮すべきです。

・移転祝いを贈るタイミング
移転先へ胡蝶蘭を贈るタイミングとしては、開店日当日など最適だとされていますが、状況によっては前日や後日にずらした方が喜ばれるケースもあります。移転当日は、準備などでかなり忙しいこともあり、胡蝶蘭が届いても他のことでバタバタしていることが多々あります。なので、当日ではなく前後少しずれたほうが喜ばれることもあるので、もし可能でしたら事前に贈る日程など調整できると良いでしょう。贈る相手が困るようなことは避けたいですし、なるべく負担を軽減するような対策を行うことが重要になります。

・移転祝いのマナー・タブー
胡蝶蘭を移転先祝いとして贈る場合のマナーを一通り把握しておきましょう。まず、胡蝶蘭は移転先の雰囲気や広さに応じて、無理なく置けるサイズのものを選ぶようにしましょう。移転先に合わないサイズの大きさは選ばないようにすべきです。
贈る場合、移転当日は何かと忙しいため、胡蝶蘭を受け取りに関しては移転の前日~2週間後までが最適になります。また、贈るときは立て札を立ててから贈るのがマナーになります。
タブーとしては、移転先の事情をよくわからずに胡蝶蘭を贈ることです。事業縮小に伴い移転するケースもあるので、そういった場合は胡蝶蘭を贈るのはタブーになります。それ以外でお祝いごととして贈る場合のラッピングやお花の選び方も注意が必要になります。赤色は移転祝いには不吉とされるので、真っ赤な花びらの胡蝶蘭やラッピングなどは贈らないようにしましょう。火事や赤字を連想させることになるため、赤色を使ったものは避けるべきです。
胡蝶蘭を贈る場合には、きちんとマナーを守り、タブーなことは避けるようにして移転祝いに合うサイズの胡蝶蘭を選ぶことが何より最適になります。しっかりとサイズに合うものを選ぶことで、胡蝶蘭が室内にあると華やかさがあって明るくなるので、けっこう喜ばれることもあります。

 

新築祝いのギフト
http://www.kochoran.ne.jp/building/